So-net無料ブログ作成
検索選択

追い込まれ「辺野古」、強まる沖縄の反発(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相は23日の沖縄再訪問で、移設先を同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部とする考えをやっと表明した。

 自ら期限に設定した今月末を控え、さすがに言及を避けるわけにはいかなかったためだが、迷走の末の現行計画回帰に沖縄の反発は強まるばかりだ。 

 ◆紙を読み上げ◆

 「鳩山は沖縄から出て行け」

 県庁を取り囲む県内移設反対派のシュプレヒコールが響く中、首相は23日午前、6階の知事応接室で仲井真弘多知事と向き合った。

 首相は丸めたA4判数枚の紙を、硬い表情のまま伏し目がちに読み上げながら、「辺野古」への移設を表明。「なぜ県内なのだ、という皆様のお怒りはごもっともだ」と釈明して陳謝した。

 昨年9月の政権交代から8か月余。迷走に迷走を続けた末、首相は、日米が2006年に合意した現行計画にほぼ戻らざるをえない、とついに認めた。

 「最低でも県外移設」と繰り返してきた首相が「辺野古」と明言すれば、沖縄の怒りに油を注ぐのは明白だった。だが、移設先となる地元への説明を避けて通るわけにはいかず、苦渋の決断を迫られた。

 首相は前日の午後、首相公邸に平野官房長官、松野頼久官房副長官らを呼び、2時間半余り「勉強会」を開いた。

 普段はめったに用意しない発言要領を作り、「辺野古」と言及することを決めたという。「言葉の軽さ」が批判の的となっている首相も、さすがに今回の“全面転換”は責任が重いと感じ取ったようだ。

 23日の知事との会談の直前も、首相は、読み上げる紙を知事らに別室で見せ、「こういう話をしますから」と理解を求めた。

 それでも、首相は一連の会談で「最低でも県外」と繰り返してきた自らの発言について、「できる限り県外」「最低でも県外にという努力をしたい」と言った、などと微妙に修正し続けた。県関係者からは「どこまで発言を重く受け止めているのか」と疑問視する声が上がった。

 ◆米国は甘くない◆

 首相が成果として強調したのは、基地機能の県外への分散移転など、沖縄の負担軽減への取り組みだ。首相は知事との会談で、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)以南の米軍施設区域の返還促進、航空機の騒音軽減など4項目を挙げた。いずれも知事が要望したものだ。首相はこの日、「積極的に米に交渉を挑んでいる」「米国との最終交渉で勝ち取る」などと各所で力を込めた。

 ただ、4項目の実現にも確たる見通しがあるわけではない。「航空機の騒音軽減」と一口にいっても、過去に嘉手納基地で実現したのは航空機の訓練移転で、「実際には別の基地から新たに航空機が飛来して、騒音軽減につながらなかった」(嘉手納町関係者)との指摘もあり、容易ではない。

 日米外交筋は23日、「首相らは負担軽減と簡単に言うが、米国は甘くない。どこまで中身を取れるかは疑問だ」と今後への懸念を漏らした。内閣支持率は、普天間問題の混迷もあって低下する一方だ。参院選を前に民主党内の危機感も頂点に達しつつある。民主党のある中堅議員はこう訴えた。

 「普天間問題では、もう無理に自民党政権との違いを打ち出さない方がいい。争点から外して別のことにエネルギーを注ぐべきだ」

 (政治部 東武雄、杉田義文、那覇支局 松浦篤)

海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
雑記帳 黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調―10年版白書(時事通信)
<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)
<窃盗>アスパラガス144本盗んだ容疑 畑の所有者が男取り押さえる(毎日新聞)

親族旅行が…観光バスなど3台衝突、12人重軽傷 千葉(産経新聞)

 16日午前6時20分ごろ、千葉県いすみ市日在(ひあり)の国道128号交差点で、観光バスなど車3台の衝突事故があり、バスの乗客10人と車2台をそれぞれ運転していた女性2人の計12人がけがをした。このうち、バスの車内で立って日程の説明をしていた、同市内の70代の男性客が重傷。ほかの11人は軽傷だった。

 県警いすみ署によると、右折のため停車していた同県大多喜町に住む20代女性が運転する軽乗用車に、いすみ市の40代女性の乗用車が追突。その弾みで軽自動車が対向車線に押し出され、対向してきた観光バスと衝突した。バスを運転していた男性に、けがはなかった。同署が事故原因を調べている。

 同署によると、バスの乗客は親族旅行群馬県の草津温泉に向け出発した直後だった。

【関連記事】
「親父を殺してもうた」29歳、弟乗せ追跡振り切り“死”の暴走
120m手前、不整脈で意識不明か 大阪の送迎用バス衝突炎上で
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故
万博、大丈夫? 上海の地下鉄で事故、故障が続出
「年始まったばかり…」Uターンラッシュ直前あわや大惨事

被害者の乗用車、廃屋で発見 千葉放火殺人(産経新聞)
宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ(毎日新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待―秋田大など(時事通信)

70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)

 京都在住の70代の夫婦が、日々の食卓の様子をつづったブログが人気を集めている。季節の食材を使ったパエリアやスープ、手作りパンなど心をこめた一皿一皿の写真と、温かな文章に、「おいしそう」「幸せな気分になります」と国内外にファンが広がり、これまでに1470万人がアクセスしている。

 ブログを立ち上げているのは、グラフィックデザイナーの岡西克明さん(73)と松子さん(73)夫妻。タイトルは「ばーさんがじーさんに作る食卓」だ。

 ブログを始めたのは、ちょうど5年前のこと。克明さんが人間ドックで、カロリー計算や減量が必要だと言われ、記録として食事の写真をとることに。デジカメを買ったことをきっかけに、ブログに挑戦したという。

 当初、「減塩、低カロリーだと、同じくらいの年代の人が見にきてくれるのかと思っていた」(克明さん)が、意外にも、20代、30代の若い女性たちが多く訪れるようになった。

 現在1日1万2千人が訪れる人気ブログの魅力は、何と言っても、料理。近所の農園からもらう旬の野菜、自宅で栽培したシイタケ、自家製の保存食などを、塩分や油分などに気をつけながら、松子さんが、スペイン料理、タイ料理にイタリアン、中華、と幅広いレパートリーで料理する。例えば4月の岡西家の食卓には「麻婆タケノコ」「伸びたブロッコリとドライトマトのパスタ」「春シイタケのスープ」と季節感たっぷりなメニューがのぼった。

 松子さんは料理を習ったこともなければ、外食もあまりしないという。頼りになるのは、本棚に数え切れないほど並んでいる、料理本。「なんだか、まだ作っていないものが、いっぱいある感じがします」

 毎日の食事作りは「ままごとみたいで楽しい」という松子さん。「一食一食を大事にしたい。楽しんで食べたいです。いつまで2人一緒にいられるかも分からないし」

 でも。「年を取って時間ができてからいろいろ、できるようになったんですよ。若いときは、楽しく家族で食べれば、それでいいじゃないですか。作んなきゃ、なんて思わずに」(松子さん)。「そう。たまに、やるぞ!ぐらいの気持ちでね」(克明さん)

 2人の温かな人柄に、「実家のようです」と心安らぐ人や、「お二人のように年をとりたい」とあこがれる人が後を絶たない。(岸本佳子)

湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
不適切行為で老健施設に改善勧告―宇都宮市(医療介護CBニュース)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
水上バイク転覆 捜索再開 2人死亡1人不明(毎日新聞)
<雑記帳>半平太の慰霊祭に60人参加 龍馬の幼なじみ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。